レストランウェディングには様々な挙式スタイルがあります。自由な結婚式ができるのもレストランウェディングならでは。
教会はもちろん、神社でも挙式を挙げられ、その後にレストランで披露宴なんてことも可能なのです。

レストランウェディングは形式にとらわれない挙式スタイル

レストランで結婚式をあげるケースが最近増えてきています。
もちろん、ファミリーレストランなどではなく、カジュアルな個人経営のレストランだったり、豪華なフレンチやイタリアンが楽しめるレストランだったり。和食を楽しむ料亭で結婚式をあげることも少なくありません。
レストランウェディングは、若い人の間で人気を呼んでいる結婚式のスタイルです。
レストランですので宗教的なスタイルは関係なく、自由に結婚式を作ることができるので、形式に囚われたくない人には非常に人気が高いのです。

披露宴だと新郎新婦は高砂席に座るのですが、それでは友人や親族との距離も離れてしまいます。
レストランは披露宴と作りが違うので、高砂席を作らない、または作っても友人や親族と近い位置になるので、新郎新婦との距離が近いのも特徴です。

このように、一般的な挙式スタイルとは少し違う、オリジナリティあふれる結婚式が出来るのがレストランウェディングです。
結婚式が挙げられるようプランを設計しているレストランもありますので、気になる方はいろんなレストランを検索してみてはいかがでしょうか。
例えば、以下のレストランがレストランウェディングのためのプランを用意しています。
六本木のレストランウェディング:バルコニーレストラン&バー
神戸のレストランウェディング:ル・クール神戸
なんばのレストランウェディング:クナーベ

挙式は別で、披露宴をレストランで

レストランウェディングは自由な形式ですので、挙式を別の場所に挙げて、披露宴会場をレストランにするといった流れにするのもOKです。
どうしても教会で挙式を上げたい。でも、レストランで披露宴をしたい、なんて人もいるのですが、もちろんそれも可能なのです。
教会からレストランに移動しなければいけないのは大変ですが、披露宴会場よりレストランの方が価格も少し安く、レストランなので本格的な料理を楽しめることもあり、披露宴をレストランでというケースも少なくありません。

また、教会以外でも神社などの神前式の後にレストランで披露宴を挙げることもあります。
その場合、神社の近くのレストランを選ぶことがベストですね。

オリジナルの結婚式なので演出や気配りが大切

レストランウェディングを選んだ新郎新婦は、参加者のための気配りや演出をしっかり考える必要があります。
オリジナル結婚式ですので、従来のものと少し形式が違うのも事実です。
演出の仕方、食事のメニュー、全て新郎新婦側で考える必要があります。
レストランは元々結婚式場として機能していないということを念頭に置いてください。

でも、レストランウェディングではきちんとプロのプランナーさんがついてきますので、結婚式をどう盛り上げていいか分からなくても大丈夫です。
プランナーさんのアドバイスはありますが、基本的には新郎新婦の意見が尊重されます。
どのような演出にしたいかはきちんと相談しておくことが大切です。